ポカノンVer6.0に資材在庫管理機能として受入検収~入出庫~段取・架替~棚卸まで一連の機能を搭載した『在庫管理オプション』です。

Ver6より無線専用となったことでリアルタイムな在庫更新を行えるため、仕掛在庫までを在庫数管理対象とし在庫精度を向上しました。

新しく構成表登録、生産計画登録、受入部品予定登録機能を追加し、Ver5.0の在庫シュミレーションでは難しかった高精度の在庫シミュレーションにより不足部品情報や生産可能台数計算が可能となりました1

部品リールにシリアルバーコードラベルを発行・貼付するシリアル管理対応2の仕様と、部品メーカーラベルを使う仕様のいずれかが選択できます。

シリアル管理有効の場合は部品検索により部品リールの所在管理(場所、数量)も可能で、段取・架替チェック時にもシリアルNo.を有効に活用できます。

別売「基板通過センサーユニット」と連動して生産中機種で使用している部品シリアル毎に基板単位の残数管理が可能となりますので、ハンディターミナルにて部品切れ予測も可能となります。

※1シリアル管理が有効で、基板通過センサーユニットにより設備毎基板通過検知が有効な場合のみ。

※2シリアル管理有効の場合、別途専用ラベルプリンタ(株式会社サトー製)と有線式スキャナが必要。

仕掛部品残数管理対応!センサー連携でリアルタイム更新可能!

Ver5.0では倉庫在庫の管理を行うことが出来ていましたが、Ver6からは出庫部品在庫についても同時に管理出来るよう対応しました。設備毎に生産終了のタイミングで、生産台数を元に設備にセットされている部品の在庫数を更新します。シリアル管理有効でセンサーユニット連携を行う場合は、各設備の基板排出口にて基板通過検知のタイミングで設備にセットされている部品の在庫から1基板当たり使用数(員数×取数)を減算しシリアル残数、部品在庫を更新しますので、常に最新の倉庫/仕掛在庫数を把握することが可能となりました。

受入検収機能追加!シリアルラベル発行PC/BT両対応!

Ver5.0より多くご要望いただいておりました受入検収機能をVer6より新規に追加しました。またVer6より配置表とは別に後工程も含めた顧客別別機種別構成表登録機能を追加し、構成表を元に受入部品登録を行うことにより受入時の検収チェックを行うことが可能です。パソコンでの受入検収が難しい資材はBTでの受入検収に対応しました。

シリアル管理有効時は、PCだけではなくBTからも携帯ラベルプリンタよりシリアルラベルを発行できますので、パソコンまで入荷した部品を移動する必要がありません。

シリアルラベル貼付後は、ほぼすべての処理が部品メーカー関係なくシリアルラベルに印字されたシリアルバーコードのみでポカノンのすべての機能を実行できます。

事前シミュレーション機能追加!

生産計画登録を行うことにより、将来にわたり指定の生産までに不足する部品と不足数を調べることが出来ます。

処理時点での総在庫数と生産中機種および各設備での残りの生産必要台数、指定日までに入荷予定部品数をトータルに加味してシミュレーションを行い、不足部品数に加えて生産可能台数も表示します。

機種別構成表登録機能追加!

受入検収を行うためには機種別部品構成情報が必要ですが、新機種の場合は配置表を作成できない場合があるため、機種別に部品の構成のみを登録できるよう構成表登録機能を追加しました。

構成表にはSMT部品以外にその機種を生産するために必要な後工程部品もまとめて登録できます。

構成表によりシリアル管理が難しい後工程部品についても在庫管理を行えるようになりました。

スプライシング対応!

スプライシングの場合、空シリアルコードの部品の残数を新リールで入力されたシリアルの部品残数に引き継ぎ残数誤差を最小限に抑えます。

後工程在庫管理対応!

構成表登録によりシリアル管理が難しい後工程で使用する部品についても、簡易在庫管理を行えるよう対応しました。

後工程については、機種別に生産台数を指定して一括更新を行います。

顧客・機種別に受入~入庫~出庫~消費~再入庫を1画面で在庫移動を行うことが可能です。1

※1 処理台数を元にした簡易在庫管理ですので誤差は十分含まれている可能性があることはご了承下さい。

棚卸機能強化!

倉庫在庫に加えて出庫部品に対しても倉庫在庫とは別に独立して棚卸を行うことが出来るようになりました。

それにより出庫部品についても棚卸後の在庫調整により正確な在庫数を把握することが可能となります。

充実の在庫関連照会機能!

顧客別部品コード別在庫情報照会では、入庫部品(倉庫在庫)、出庫部品(仕掛在庫)それぞれについて理論在庫数、実棚在庫数を照会できます。

ポカノン在庫管理オプションでは在庫管理に関する操作はすべてログとして記録されますが、入出庫履歴照会ではそれらの在庫操作ログを照会可能です。

部品棚台帳照会では、顧客別部品コード別に在庫数、入庫、出庫、再入庫、撤去、当該シリアルコードなどを時系列で照会可能です。

部品シリアル照会では発行されたすべてのシリアルコードについて、リアルタイムな情報を照会することが可能です。

シリアルコードは顧客別に「入荷」「入庫」「出庫」の3つのステータスを持ち各ステータス毎表示されます。

部品棚台帳を除き抽出条件はポカノンの他の照会機能と同様にマトリクス形式の条件指定が可能ですので、例えば指定の機種、生産ロットで使用された特定部品の特定ロット(複数可)のみを抽出するような複雑な条件抽出が可能です。

特定の部品でかつ指定ロットの部品で不良があった場合、いつ、どの機種、生産ロットで使用されたかを簡単に抽出して表示、印刷、CSVファイル出力が可能です。

部品切れ予測対応!

シリアル管理が有効でかつ基板通過センサーユニット一式を導入いただくことで、基板単位にシリアル単位部品の残数管理が有効になることで、各シリアル毎に部品切れ予測が可能となります。

ハンディターミナルの部品切れ予測にて各ライン毎に生産枚数を入力すると、指定生産枚数を生産中に部品切れとなる可能性がある部品と残数及び生産可能枚数を確認できます。対象部品が複数存在する場合は、上下キーにより部品を切替えて確認することが出来ます。1

※1 シリアル毎理論在庫を元に計算し対象部品を抽出しますので、状況により部品切れ対象から漏れてしまうことはありますので、あくまでも目安としてご利用下さい。

新製品!部品切れ予測時必須!基板通過センサーユニット

詳しくはこちら