ポカノンVer5.0」に、ご要望の多かった機能を追加し、ご使用者の使い易さを格段に向上させました。

対応ハンディターミナル全機種同一画面・同一操作!

一部機種を除き※1全機種同一画面・同一操作はVer6でも継承しております。

異なる型番のハンディターミナルが混在した場合でも運用が可能ですので、オペレータは機種毎に操作を習得する必要はありません※2

ハンディターミナルの操作が面倒であるとそちらに意識を削がれるため、本来の部品照合チェックに集中できないなどオペレータの負担になってしまう問題がありますが、ポカノンは初期バージョンより継承してきた原則1項目1画面入力の簡単操作はVer6でも変わりません。

初めてポカノンを使用して部品照合を行う場合でもほとんどの方が1度の説明で操作を理解いただけますので導入・操作教育はほとんど必要ありません。操作に慣れればハンディターミナルの画面をノールックでバイブ・アラームだけで部品照合チェックも可能ですので、部品セット、補充作業に集中できます。

※1 AndroidOSハンディターミナルは対応しておりません。

※2 ファンクションキー配列は型番毎に異なるため型番により機能割り当ては異なります。

運用実績十分な段取チェック・架替チェックはそのまま継承!

ポカノンの主要機能である段取チェック、架替チェックなどの部品照合機能はVer6でも継承しております。弊社が把握している現在流通している主要電子部品メーカーのバーコード・二次元コードは、部品コード切出し設定をプリセット可能ですので、部品登録にてメーカー指定を行うだけで部品照合が可能です。

プリセットされていない部品メーカーの部品のバーコード、二次元コードでも、ターミナルプログラムのバーコード確認機能により視覚的に部品コード切り取り情報を確認できますので、部品メーカー登録も簡単に行うことができます。

また部品コード以外に任意に部品メーカー毎に指定した情報を照合ログに残すことができます。

1部品コードに対して最大5メーカーの切出し設定を指定することができますので、部品コードが同じでもメーカー毎にバーコード、二次元コード書式が異なる場合にも対応しております。さらに部品コード以外に追加コードを指定できますので、部品コードが同じでスペック違いの場合のチェックも可能です。

各種トレーサビリティ対応

ポカノンハンディターミナルで実施した各種部品照合や在庫管理操作※1はすべてログとしてデータベースにそれぞれ自動的に蓄積を行いますので、必要なログはいつでも照会・出力が可能です。

例えば指定期間に指定した部品コードの指定ロット№(複数可)の部品を使用した機種の生産情報(部品使用情報)を簡単に抽出し照会・印刷・CSVファイル出力が可能です。

各種ログ登録件数はディスク容量が許す限り登録・蓄積が可能です。※1

※1 万が一の故障等に備えてデータベースは定期的にバックアップを行って下さい。PostgreSQLデータベースシステムの機能としてデータベースのデュプリケーション構築も可能です。

極性・方向チェック・イメージ表示対応!

部品セット時に極性や方向指定がある場合、ハンディターミナルにてチェック可能です。

またあらかじめオペレータに対して表示したい内容をイメージ登録することでハンディターミナルにその内容を表示し、オペレータに対して注意喚起を行うことができます※1

旧バージョンと同様に極性選択により極性チェックを行うモードも残していますので、従来のように極性・方向を指定してチェックことも可能です。

新機能1 前段取チェックにて部品準備作業効率UP!

マウンタ設備や一括台車に部品を簡単・確実にセットできる機能として「前段取チェック」を追加しました。共通段取にも対応しており複数の図番を指定して部品セットが可能です。

部品のバーコード/QRをスキャンすればハンディターミナル画面に部品のセット位置を表示し、オペレータに指示を行います。セット後にセット位置のQRをスキャンすることでセット位置の間違いを防止できます。

前段取作業は複数のハンディターミナルで同時に行えますので、複数人で前段取チェックを行えば時間を大幅に短縮できます。

新機能2 全ライン・設備 一元管理!

各ラインでの生産開始、終了、段取チェック及び部品架替チェック状況はリアルタイムにポカノンサーバーに送信されますので、各ライン設備の段取・生産情報及び各部品情報、部品チェックステータスをPC画面にて一元管理できます。

ハンディターミナルでは、対象ラインの設備毎段取状況及び生産状況を分かりやすく表示しますので、一目で各設備の状況を把握することが出来ます。

さらに設備毎の生産ロット、段取完了時刻、生産開始時刻、終了時刻及び生産予定、実績台数※1を確認することが可能です。

基板通過センサーを導入することで、各設備・台車にセットされている部品の残数を基板単位に管理することが可能となりますが、その情報も定期的に更新しますので各部品の残数管理も容易に行えます ※2

※1 基板通過センサー導入時のみ

※2 部品シリアル管理有効時のみ

新機能3 吸湿部品開封期限管理!

吸湿部品はランクにより許容される開封時間が規定されているため、今まで開封・封止時間などは手書きでの時間管理が必要でしたが、Ver6からポカノンが時間管理を行いますので煩わしい時間作業から解放されます。

段取チェック、架替チェック時に吸湿部品は防湿IDを要求しますが、その防湿IDの開封時間が許容開封期限を超えた場合エラー表示、ビープ、バイブなどのアラートを発し使用しないよう警告します。

また開封期限日時からあらかじめ設定された時間内になった場合も警告アラートを発してオペレータに警告します。封止、ベーキング処理にも対応しております。

防湿部品はリール個々にユニークな防湿IDが必要となりますが、シリアルラベルで代用でき、シリアルラベルを発行しない場合にはモバイルプリンタより防湿IDラベルを発行することも可能です。※1 

※1 別途、対応モバイルプリンタが必要です。

新機能4 副資材チェック機能!

基板、はんだ、メタルマスク、サポートピン、スキージなどの副資材チェックに対応しました。任意の副資材を照合チェックすることが可能です。生産開始時の副資材チェックに対応しています。

副資材内容は自由に設定可能ですので上記副資材以外のチェックを行うことも可能です。

新機能5 はんだ工程飛びチェック・使用期限管理!

はんだの常温保管⇒撹拌⇒開封までの工程に工程飛びがないか、常温保管時間や常温保管期限をチェックする機能を追加しました。また使用期限管理にも対応しており使用期限を超えて使用するとアラートを発してオペレータに警告を行います。撹拌から開封までの時間が所定時間を過ぎた場合は再撹拌を行うようアラートを発して不正な使用を防止します※1

※1 ユニークなハンダIDとしてハンダラベルのロットバーコードを登録します。ハンダラベルのロットバーコードがユニークIDとして使用できない場合はモバイルプリンタよりハンダIDラベルを発行できます。

新機能6 出庫部品在庫管理対応! ※1

Ver5.0までの在庫管理は倉庫の入出庫管理が目的でしたが、Ver6.0からは出庫部品(仕掛部品)についても在庫管理の対象としました。

それにより倉庫在庫、出庫部品在庫それぞれの在庫数を管理できるようになりました。棚卸も同様に倉庫在庫、出庫部品在庫を管理します。

シリアル管理を有効、基板通過センサーユニットを導入いただくことで出庫部品の各シリアル残数が基板単位での管理可能となり、従来難しかった出庫部品在庫がリアルタイムに管理可能となります ※1 。 

※1 在庫管理オプションライセンスが必要となります。

新機能7 部品切れ予測機能! ※1

基板通過検知センサーとの連携により各設備にセットされている各部品リール残数を基板単位レベルの精度で管理が可能となりましたので、各部品リールの部品切れ予測機能を追加しました。※1

ハンディターミナル操作にて残り生産台数を指定することで、残り台数生産に必要な各部品の所要数を計算し、所要数に満たない残数のシリアルを表示します。※2

複数検出された場合は、ハンディターミナル上下キーにより検出された部品情報を確認できますので、部品切れが予想される部品をあらかじめ準備することが出来ますので、設備停止時間を大幅に削減できます。

また部品切れ予測画面より直接架け替えチェックを行うことがも可能です。

※1 理オプションおよび基板通過センサーユニットを導入する必要があります
※2 部品補充・交換時にポカノンを使用しない場合や吸着ミス、部品こぼれ等により残数の誤差は発生致します